読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアでワーホリ*至った経緯*

オーストラリアにワーホリビザで半年ほど滞在しています。ワーキングホリデーに関しては色々と思うところがあるので、書き連ねておこうかと思います。

 

私は現在26歳で社会人5年目になる年です。

 

なんで海外に来たかと言うと、学生時代の海外滞在の充実っぷりが忘れられず。じゃあなんでオーストラリアにワーホリなの?というと、完全なる準備不足により結果的に、という感じです。あーあ。

 

大学時代にアイセックという学生団体のインターンシップで海外に滞在していたことがありまして、たった2か月の滞在でしたがその時の経験が人生1番と言えるほど充実していたため、もう一度海外で"生活"してみたいと思っていました。働き始めてからはいつか行くぞとずーっとひっそり思いつつ、貯金だけはしていました。

 

ちなみに海外行ったことある人って、どんなに短い滞在期間でも "人生で1番の思い出になった" という人結構多いですよね。日本という島国で同一民族だけで暮らす日本人にとって、異文化で暮らすことはそれだけ刺激的なことなんだろうなと思います。一度知ってしまう忘れられないという意味ではもはや麻薬のようなものとさえ思ったりもします。

 

で、言い換えると貯金だけしかしてなかったんですよね。事前の下調べとか、英語の勉強とかはほとんどしてなかったんですよ。なので、なんでオーストラリアでワーホリしているかというと一番手軽にサクッと行けちゃうから結果的にという感じです。ほんと信じられないですね。まともな社会人のする意思決定ではない。笑

 

オーストラリアのワーホリがどのくらいサクッと行けてしまうかというと・・・

 

1. ビザ申請が楽

ネット上で申請して1週間もあればおります。英語圏への渡航を考えていたのですが、イギリスは年齢制限でアウト、アイルランドは年に2回しか申請期間がない、カナダは昨年から抽選がスタートといった状況なので、オーストラリアは群を抜いてお手軽です。残高証明の提出とか保険加入が必須といったこともありませんしね。

 

2. 航空券が安い

日本⇔オーストラリア間はAirAsiaが就航してますので、片道2~3万円くらいあれば行けます。私の渡航先はパースで直行便がなくマレーシアで乗り継ぎましたが、それでも3万円台でした。AirAsiaのサイトで安い日を探してポチッとするだけです。

 

3. 時差がほぼない

私の住んでいるパースと日本の時差はわずか1時間なので、ヨーロッパやアメリカに行くことに比べると気持ちとしては気軽に行けるのかなと。

 

4. 渡航時期が春だったので荷造りが楽

これは渡航時期によりますが私がオーストラリアに来たのは春だったので、夏服と春物コート・ヒートテックを持ってきました。冬物の荷造りに比べるとかさばらないしだいぶ楽だと思います。それでも預けた荷物がスーツケース2つの計40キロくらいでしたけど。

 

5. 語学学校の手続きが楽

これは国を問わず、専門学校・大学・大学院・海外インターンシップ等々といった手段と比較してになります。英語を習得したいと思った時には色々と手段がありますが、比較として挙げたきちんとした?手段を使うには事前の準備と英語のスコア(TOEICとか英検でなくIELTSとかTOEFLとか)が必要になります。一方で語学学校の一般英語コースの入学日は毎週月曜日に設定されているところが多いですし、満員で受け付けてもらえないといったこともまずないと思うので、お金さえ払えばすぐに手続き完了です。私は2か月前くらいにネットで学校を調べて、エージェント経由で見積もりとってチャチャっとお金払っておしまいでした。

 

改めて書いてみるとひどいですね。全然熱意が感じられないです。まぁ、ヨーロッパの街並みが好きで本当はヨーロッパに行きたいと思いつつも、だらだらしてたら最終的にオーストラリアしか選択肢がないわ!みたいな流れだったので当然なんですけどね。あー、一生に一度しかない機会なのに。もったいない。

 

ちなみにワーホリブログを読み漁る中で私と同じ感想を抱いている方を発見しました。オーストラリアはイギリス人が開拓した経緯もあり美しいヨーロッパ調の街並みが!などというふれこみもありますが、やはり本物には勝てません。ヨーロッパが好きな人はどんな手段を使ってでもヨーロッパに行ってください。笑

 

irogiri.hatenablog.com

 

 

なんだかオーストラリアがだめみたいなエントリーになってしまいましたが、もちろんオーストラリアの自然や気候、街並みや人柄に魅了されてオーストラリア大好き!ってなってる人もいっぱいいますよ。私もオーストラリアいいところだなぁとは日々思っています。あくまでもヨーロッパの代替にはたぶんならないよという話です。笑