読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語勉強法*Skype英会話*

最近Skype英会話流行ってますねー。私も学生時代に少しやって続かず、またオーストラリアに来て始めました。学生時代はまだSkypeの音声機能だけでしたし、私自身の英語力も今よりさらに低かったので、すごい苦労した記憶があります。

 

そして英語環境のオーストラリアに来てまでなぜスカイプ英会話やっているのかというと、英語の喋れない人が喋る機会を掴むのって中々難しい!という背景があります。語学学校に通っていても聞いている時間の方が長いですし、友達同士で出かけた時には喋りますが、そんなに大した内容の話はしないですよね。飲食店のバイトで仕事として英語を使っているといってもオフィスで使うような英語とは使う表現が全く違います。

 

せっかくオーストラリアに来たのにあまり英語喋ってないなーと、もやもやしていた時に思いついたのがSkype英会話でした。Skype英会話の先生に聞くと、留学中でも結構やっている生徒さんはいるみたいです。

 

私はDMM英会話を利用しています。

eikaiwa.dmm.com

DMM英会話のいいところは様々な国籍の先生がいることで、色々な訛りに慣れることが出来るところです。大半のSkype英会話はフィリピン人の先生のみだと思いますが、DMM英会話にはフィリピンだけでなくセルビアモンテネグロ、ジャマイカなど様々な国の先生とレッスンが受けられます。やはりアジア系の英語の方がヨーロッパ系の英語よりも聞き取りやすいですよね。初めはフィリピンの先生からスタートしていって、徐々に色んな国の先生とレッスンをしていくとより多様な英語に慣れることが出来ます。また、無償で利用できるテキストが充実しています。英文法や英会話など一般的なものからTOEIC・IELTSといった検定試験対策のものまで幅広く取りそろえられています。

 

ちなみに学生時代にレアジョブを利用していました。最近どうなのかはわかりませんが、自分がどう活用するかが大事であってどのサービスでも正直大差ないんじゃないかなと思っています。

www.rarejob.com

 

1コマ25分の英会話だと大体自己紹介して、少し日常会話してたらすぐ終わってしまうんですよね。なので次の2点が大事なんです!

 

1. 先生選び

 

DMM英会話ではたまにびっくりするくらい良い先生がいます。DMM英会話では予約する際に、文法や発音の間違いを指摘してほしいか・しなくていいかを選べるようになっています。が、大半の先生はあんまり指摘してくれないんですよね。基本的に「あってるよー」「まぁ、いいんじゃないー」って感じです。安いので仕方ないんですけどね。

 

そんな中、IELTSのスピーキング対策の練習をした先生が、文法的に間違っていたところを丁寧にチャットボックスにタイプしてくれたことがありました。時勢の一致であったり、単語の間違いであったりを一つ一つ教えてくれて、それらの点についてはより意識が向くようになりました。

 

なので、色んな先生を試してみて、いい先生を見つけると全然質の異なるレッスンになります!

 

2. 自分で内容を決める

 

自分主導でやりたいことを決めないと、何となくおしゃべりして終わってしまいますので、これは重要です。正直私も模索中ではあるのですが、日常会話からスタートして慣れてからはIELTSのスピーキング対策をしたり、教材を利用したディスカッションの練習をしたり、事前に作成したライティングの添削をしてもらったりしています。先日ライティングの添削をしてもらったところ、私の作成した陳腐な英作文が模範解答のような美しい英作文になり、感動するとともにボキャブラリーも増えました。先に挙げたIELTSのスピーキング対策の例もそうですが、自分のアウトプットがベースになったレッスンだと身に付き方が違いますよね。

 

何をするかはおそらくお悩みの方が多いと思いますが、先日見つけたこちらの動画も参考になるかもしれません。自分主導でどんどんトピックを変えていって、事前に準備しておいた新しい単語を使う練習をしようというものです。かなりレベルの高い英単語を使っていますが、どのレベルの方もやることは同じだと思いますので是非見てみてください。


オンライン英会話の効果的な使い方 Part 1 IELTS8.5 TOEFLiBT114 TOEIC満点取得

・・・英語上手すぎなのでSkypeの先生はこの人何でレッスン受けてるんだろうって思っているような気がします。笑

 

ネイティブの先生の授業を英会話スクールに行って受けるというのも楽しいですが、英語力の伸びという点ではSkype英会話で十分じゃないかなというのが個人的な意見です。この値段で毎日英会話出来るなんていい時代ですよね。